FC2ブログ

医学部受験のためのセンター試験分析2019・化学

理系科目
10 /12 2019
先日行われたセンター試験について、医学部受験生を対象に、問題をチェックしていきます。
まず化学から。2019年の化学はやや難化しました。計算問題がやや複雑なのと、グラフ問題が「科学的思考力を問う」形式であると評価されています。新テスト移行を意識したものでしょう。
医学部受験生としては、てこずって時間がかかってしまうことは避けたいですし、先入観から即断で誤答することも注意したいところです。
 
予備校や出版社などが出しているセンター試験講評などは、一般の受験生を対象にしているので、医学部受験者の状況には合っていない事があります。たとえば問題の難易度については、予備校などの講評では「教科書に掲載されていない物質が題材となっている」「溶液の濃度の変化を考慮して計算をしなければならない」などという理由で、「難しい」とされることがあります。
しかし、私大や国立2次を照準において学習を進めている医学部受験生は、その程度の理由でセンター試験問題を難しいとは感じないでしょう。むしろ、難しいと思うのは、私大や国立2次と傾向が異なるようなタイプの問題がセンターで出題されたときであるというのが実感なのではないかと思います。


第2問問3。
溶解度積の計算問題。「仮のKSPを求めて、実際のKSPと比較する」という典型問題です。しかし溶解度積が反比例グラフで与えられていて、5パターンの混合溶液のうちどれが沈殿発生するかという形式は、目新しいものです。その目新しさに気を取られて、「与えられている濃度は混合前のものである」というヒッカケに気づかなくなると間違えます。
混合すると濃度は下がる(溶液体積は増えるから)、ということは、「鉄則」の形で注意したいところです。イメージで言うと、「10%塩水と10%砂糖水を等量混ぜると、塩水としては5%程度になる」というところです。
 
第3問問5。
センターで無機の計算問題といえば、「化学反応と量」か「モル計算」かがほとんどなのですが、今回は「化学反応と量」。慣れてしまえば中学入試の要領で計算できます。
この問題について、代ゼミは「かなりの思考力を要する」と評価し、東進は「具体的に計算してしまえば素早く解答できる」としています。この問題に答えるだけなら東進の言う通りですし、記述型類題にも対応しようと思えば代ゼミの見解も一理あります。
私大医学部入試では、たとえ平易な問題であっても、1~2コの結果だけを抜き取って計算して終わり、という問題はあまり期待できないので(出題はされるが期待はできない)、「題意を掴もうとする」練習はしておきたいところです。
化学反応と量の問題なので、過不足なく反応するところを探して立式すること。そして、クロム(無機の学習で重金属分野はあやふやになりがち)の知識をしっかり整理しておくこと。価数を間違えると反応式も間違い、そして計算も間違えてしまいます。
 
第7問問2。
選択問題で「やや難」と評価された問題です。ならば選択しなければいいのですが、そのことを試験中に判断するのも難しいです。
ジペプチドと3種のアミノ酸の元素組成比が与えられており、そこからジペプチドがどのアミノ酸からなるかを求める問題です。グラフを見るとまず気づくのは、問題のジペプチドとシステインにのみ硫黄が含まれていることです。各予備校は「ここに気づけばよい」と言っていますが、しかしそれでは2択にしか絞れません。

quest20191012.jpg

慣れてくれば、問題のジペプチドは炭素が少なめ、だからベンゼン環はなさそう、そして問題のジペプチドは酸素が多め、だからカルボニルがありそう、という風に推測できます。
もちろん正確に求めるならば、組成比を実際に計算することになります。時間に余裕があれば、計算によって確定することになりますが、そこまでの時間はないかもしれません。

それでは、対策です。
新テストを意識して、問題文章が長く、設定が複雑になりました。こまごまとしたところで計算もする必要があります。
一方で、医学部受験生が、センター試験程度の基礎知識を持ち合わせていないというのも考えにくいところです。勘違いミスで点を落とすケースが大半でしょう。
ならば、勘違いしやすいポイントを列挙して整理しておくことが、まずは対策になります。
単純な理屈からは導出しにくいような反応式は丁寧に覚えておくこと。濃度計算・熱計算で引っ掛かりやすいポイントは、「○○に注意」という形で箇条書きにでもして覚えること。

医学部受験のためのセンター試験分析2018・生物

理系科目
11 /19 2018
前回の記事に引き続き、医学部受験生にとってのセンター試験分析です。
問題と正解番号は、大学入試センターのサイトから入手できます。
今回は生物です。
今年は、問題文章量や選択肢数が増えたため、予備校からは「やや難化」と評価されています。実感としてもそんな感じです。一方で、計算量は少しおとなしくなったという印象があります。
 
第1問B問5 計算問題。『mRNA前駆体のシトシン占有率が15%、もとのDNAのシトシン率が24%のとき、mRNA前駆体のグアニン率はいくらか。』それぞれの内容についての定義・性質を把握できているかが問われています。mRNA前駆体のシトシン率が15%ならば、もとのDNAのうち1本(転写対象)のグアニン率も15%。そうするとこのDNAのもう一本の側のシトシン率も15%になります。DNA全体のシトシン率が24%ですから、転写対象側の1本のシトシン率は33%になります。ここがポイントです。図で書いてみました。



アの部分が、転写対象側の1本のシトシン率であり、1本全体の中で占める占有率は33%です。よって、問題のmRNA前駆体のグアニン率は33%。
問題は易しいです。DNAは二重らせん構造をしているとか、各塩基の相補性とか、そのあたりは生物選択者の常識のはずです。その常識にしたがって、きっちり正解を出せるでしょうか。
 
第3問B問5 考察問題としてはかなり易しい部類です。病原細菌に対して、植物はこの細菌を攻撃する反応をする。遺伝子Xはこの反応を抑制し、遺伝子Yは遺伝子Xを抑制する。ここに、遺伝子Xと遺伝子Yの双方を欠く植物がいるとすると、細菌の数はどうなるか。もちろん答えは、遺伝子Xがいないために植物は細菌攻撃を抑制することをせず(つまり攻撃する)、またXがいないためにYがいるかどうかは問題になりません。
易しいのですが、二重否定文みたいな文章で検討するのでミスが起きる可能性があります。遺伝子Xは「まあまあ穏便にいきましょうや」みたいなことを言う指導者、遺伝子Yは「そんな甘いことを言っていてはダメですよ」みたいなことを言う指導者、という感じでイメージするとミスは減ります。
過去問をたくさん解いて慣れることは大切なのですが、漠然と解いていても力は伸びず、自分の解法イメージがどれだけ通用するかをチェックしていく必要があります。その点ではセンター試験はかなり素直な部類ですから、「Xは穏便派、Yは反穏便派」みたいなイメージで十分だということがわかるんです。
 
第6問 プラスミドと遺伝子組換え。参考書や問題集にも載っている話題です。考察問題としては易しいのですが、一定の知識がないとうまく解けません。有益なタンパク質(インスリンなど)を得る方法として、インスリンを合成させられるプラスミドを大腸菌に取り込ませる。ここで抗生物質耐性遺伝子もプラスミドに組み込ませておくと、その抗生物質を使用することで、当該プラスミドを取り込んだ大腸菌のみを選別することができる、という流れを、知識として押さえられていれば、本問は易しい考察問題として解けます。
 
第7問 生態の問題。問1は学名の知識問題、問2は常識問題です。なわばりとエナルギー・利益の関係とか、なわばりの目的が採餌・繁殖確保にあるとかいうレベルの内容は大丈夫でしょう。問3も、仮説どおりの実験結果だったというのですから、そのとおりの選択肢を選べば大丈夫です。選択問題としては、問1が解けるのであれば、第6問よりは本問の方が取り組みやすいでしょう。医学部受験生は生態・進化の部類はあまり得意ではないことが多いのですが、それでもこのレベルの問題であれば確実に解けるようにしておきたいところです。
なお問題のキビタキは日本では有名な夏鳥で(福島県の県鳥)、山に入るとよく聞く鳴き声(キキキ、これが火打ち石を打っているみたいだから「火焚き」)で、ガサゴソ物音を立ててなわばり争いをします。
 
全体の傾向としては、文章量の多い考察問題は素直に解いていいけど、ただし早合点は禁物です。どの程度の早合点が禁物なのかを知るには、過去問を解くのが一番です。そのあたりの相場をつかみながら解いていくとよいでしょう。
知識問題も多く出ていますが、しかし医学部受験生にとってセンターレベルの知識問題でつまづくことはまずないでしょう。見慣れない問題は出題されるかもしれませんが、用語や性質についての知識は知っているものばかりのはずです。





センター対策にも対応

医学部受験のためのセンター試験分析2018・物理

理系科目
11 /13 2018
前回にひきつづき、医学部受験生にとってのセンター試験。
今回は物理についてです。
難易度は標準的です。医学部受験生なら、ミスの原因は、知識不足よりも思い込みや不注意であることが多いでしょう。普段の演習で、間違えたところは徹底的に原因追及・類題練習しておきましょう。
 
第1問問4 単原子分子理想気体の場合、(1/2)×mv=(3/2)×kT が成立しますので(kはボルツマン定数)、それを基にして、運動エネルギーがTに比例することや分子量Mと無関係なこと、またvが質量に反比例することがわかります。この公式を導く途中過程で分子量が登場するので、紛らわしいかもしれません。
 
第3問問1 波の一般式が与えられているときの周期と位相を問う問題。予備校の評価のなかには速度と波長を求めて解答する、というものもありますが、正肢を求めるだけであれば端的にt=0とt=0.1を代入すれば足ります。先の第1問問4とも共通するのですが、経過を書く記述式答案と択一式問題とでは、解答へ至るプロセスはかなり変わります。
第1問問4でも、気体分子運動の式変形を丁寧に書きならべてしまうと時間がかかりますし、途中で分子量が登場するのでミスの可能性も増えてしまいます。本問でも、ある程度「定性的に」解くほうがよいと思います。t=0とt=0.1の代入のほかに、「Tは周期でありグラフからわかる」「αは位相でありそれはt=0のときのサインカーブからのずれ」という知識で検算するとよいです。
 
第5問 選択問題。前年度は波動と原子からの選択でしたが、今年は波動必答で、万有引力と原子からの選択となりました。第5問は問題としては易しいのですが、万有引力は学習が手薄になりがちな分野ですので、受験生にとってはちょっとイヤかもしれません。万有引力を避けると原子(これも学習が手薄になりがち)を答えざるを得ませんから。
しかし、医学部受験生であれば、このレベルの問題であれば落とせません。万有引力は出題頻度が低いといっても、「何本かに一度」は出題されるレベルです。医学部受験のレベルで物理が苦手な人は、こういうムラがあること多いように思えます。その場合に苦手になりがちな分野は、交流や気体、そして万有引力ですね。これらの分野がとっつきにくいというのもまた事実ですので、まずは基本的な知識公式を押さえておいて、易しい問題での失点を防ぐことを目標にするとよいでしょう。「完璧に仕上げてから先に進む」みたいな精神だと、躓いてしまいます。
 
第6問 原子。原子と言えば、実感がわかない公式とか聞きなれない用語とか、いかにも点を取りにくい分野なのですが、今回はそのなかでは解きやすい方だったでしょう。素粒子の正誤問題(消去法に頼ると難しいけれども正解は明白)とか、ウランが鉛に変化する際の崩壊回数(簡単な連立方程式で解ける)とか、さらには半減期の模擬実験「サイコロ1000コを何度も振り、1が出たものを順に取り除く」など、本格的に原子物理を勉強した人からすると、少し拍子抜けだったかもしれません。
 
対策について。
センター物理の失点の原因は、大半が、見落としや思い込み、計算凡ミスのたぐいだと思います。
普段の勉強でミスした部分を徹底してチェックして、自分の傾向を洗い出すことが必要です。
「自分はドップラー効果の波長振動数があやふやだ」とか「万有引力の公式をうまく使えていない」とか、
そういう弱点をあぶりだすことが大切です。

医学部受験のためのセンター試験分析2018・化学

理系科目
11 /11 2018
昨年行われたセンター試験について、医学部受験生を対象に、問題をチェックしていきます。
まず化学から。今年は、知識問題は基本的な問題が多く、計算量も多くはありませんでした。医学部受験生であれば満点近く取りたいところです。
 
予備校や出版社などが出しているセンター試験講評などは、一般の受験生を対象にしているので、医学部受験者の状況には合っていない事があります。たとえば問題の難易度については、予備校などの講評では「教科書に掲載されていない物質が題材となっている」「溶液の濃度の変化を考慮して計算をしなければならない」などという理由で、「難しい」とされることがあります。
しかし、私大や国立2次を照準において学習を進めている医学部受験生は、その程度の理由でセンター試験問題を難しいとは感じないでしょう。むしろ、難しいと思うのは、私大や国立2次と傾向が異なるようなタイプの問題がセンターで出題されたときであるというのが実感なのではないかと思います。
 
第1問問4 グラフ考察。水の温度と蒸気圧のグラフ(これはおなじみ)をもとに、「外圧と沸点のグラフ」はどれかを選ばせるもの。もとのグラフの特定の点をいくつか選んで、問題のグラフでプロットする、という方法でもいいし、もとのグラフからx軸とy軸を入れ替えるといいので、y=x対称のものを選んでもいいです。
後者の方法では、沸騰という現象を正確に理解することが必要です(でないと「x軸とy軸を入れ替えればよい」という結論にならない)。沸騰は、蒸気圧が外圧と等しくなるときに起こります。ですから、もとのグラフでの「蒸気圧」と、問題のグラフの「外圧」は、等しく扱えるのです。

第2問問3 中和を電気伝導度で測定する問題。塩が沈殿するタイプの中和(本問では硫酸バリウム)のときは、完全中和(酸・塩基いずれも余らない点)の際にはイオンが残らず電気伝導度は最小になり、酸・塩基が余る時にはその余る酸・塩基の電離によりイオンが発生するので電気伝導度が大きくなる、という流れです。中学入試でたまに見かける話題ですが、そんなものを覚えている受験生は少ないでしょう。
問題文に「イオンの濃度により電気伝導度が変化する」と書いてあるのを読んで、その場で理由を考えることになると思います。そのときに、塩が沈殿していることを思い出せるかどうか。酸・塩基・塩の範囲では、塩の性質について、水溶液の液性などが問われることが多い一方で、沈殿の生成はあまり焦点になりません(これが焦点になるのは、もちろん無機のイオン分析の分野)。くれぐれも「完全中和は反応が最も多く起きているから電気も多いだろう」みたいな早合点をしないように。

第3問問5 無機の反応計算問題。水和物の無水変化による質量変化。無機分野の計算は、反応量のモル計算を問題文で複雑に見せていることが多く、単純化させれば大したことはありません。予備校の講評には、金属が未知であるから計算に時間がかかる、とありました。水和水のモルと金属の原子量を求める問題ですが、要は分子量を出せばよいのです。
問題を要約すると、ある金属Mの硫酸塩の水和物がある。MSO・nHOの質量が4.82、MSO・mHOの質量が3.38、MSOの質量が3.02。さて、n(7以下の整数)はいくらで、Mの分子量はいくらか。
ていねいに反応式を立てて連立方程式を作ってもいいし、質量差からnとmの比を作ってもいいです(n:m=5:1となるので、n=5が導ける)。その後の金属の特定は、モル比計算でなんとかなります。ただ、モル計算問題は「化学基礎」でよく出題される問題であり、センター試験対策では「化学基礎」の分野の勉強が手薄になることもあるので、注意が必要です。

第4問問4 有機の計算。C10Oの直鎖アルコールをナトリウムと反応させたら、水素が0.125モル発生した。また水素付加させたら水素を0.500モル消費した。nはいくらか、という問題。 
Oが1コしかないので、1価アルコール。するとアルコール2分子あたり、発生する水素は1分子。ここから、アルコールのモルがわかります。また、水素付加反応で生成する物質は、二重結合が全てなくなるのでC1022Oです。水素原子の個数の変化から、最初のアルコールの水素原子の個数がわかる、となります。

対策としては、まずは過去問、そして「マーク式問題集」の練習です。同じ問題の反復よりも、数をこなす方がいいです。そのほうが勉強しやすいし(新しい問題を解くのが、いちばん勉強がはかどるでしょう)、変化球に多く出会うことができます。また、重要問題は繰り返し出題されますので、数をあたるうちに自然と重要事項が頭に入ってきます。
 
知識については、教科書通りの内容から出題されるので、まずは基本の確認を行うことです。多くの受験生は、高分子の知識あたりであやふやになってしまいますので、さらっと整理して正誤問題に備えることが大切です。
なお、知識問題対策の勉強の難易度設定はちょっと悩むかもしれません。センター試験に絞るのであれば、余計な知識・深い知識は不要で、センターに照準を合わせるのが最も効率的なのですが、それだとその後の私大入試対策には不十分なんですね。その一方で、正誤問題は「大は小を兼ねる」とは言えないので、深い知識を仕入れるのには躊躇があるかもしれません。
過去問を解けば、どの程度の知識で足りるか(つまり深読みしてはいけないか)がわかってきます。それが過去問を解く目標ですね。

医学部受験のためのセンター試験分析2018・数学 ⅡB

理系科目
11 /09 2018
今年行われたセンター試験について、医学部受験生を対象に、問題をチェックしていきます。
今回は数学IIB。

これも前年と同じ程度の難易度です。予備校によっては「やや難化」という評価もあるようです。複雑ではないですが、とっつきにくい問題文が少し多いという印象はあります。そこに注意して、満点を狙いたいところです。

第2問〔2〕。面積から関数を求める問題。といえば難問、あるいは面白い問題をイメージするかもしれませんが、実際はそうでもありません。普通にf(t)=at+cの面積で式を立ててOKです。こういう問題は、センター試験らしいですね。「面積と関数の性質に関する興味深い関係」なんてものは、センターレベルでは出題できないです。「曲線と軸で囲まれる部分の面積が、ある三角形の面積と等しい」と言われると、等積変形とかなんとか、一瞬いろいろ考えてしまうのですが、次の瞬間に「いやいやこれはセンター試験だ」と冷静になれればいいです。

第4問。標準的な問題です。ここしばらく、センター数学IIBではこういう素直な問題が多くなっています。しいて言えば、「始点が三角形の頂点ではなく内部にある」「長さに文字が含まれていて、それが最後まで残る」という部分はありますが、医学部受験生なら、満点必須です。この問題よりもずっと難しく、ずっととっつきにくい問題に、数多く当たってきたはずです。8分間で解いて、4分間で検算、というところです。
検算はていねいにしたいところです。符号のミスはないか。また結果から逆にたどって問題文の設定になるかどうか。

今回も、以前書いたことを以下に再掲します。
センターIIBは、誘導に乗れるかどうかが一つの大きなポイントとなります。最悪の場合では、自分なりの解法では解けるのに、誘導文の意図をつかみ損ねてしまって崩れてしまうことがあります。
これを防ぐのは、普段のセンター対策の役目です。予想問題集を使って、イレギュラーな切り口からでも何とかして進めていく練習を重ねておくとよいでしょう。国立2次対策のように、フリースタイルの答案作成練習だけですと、その力はなかなか身につきません。

もう一つのポイントは、大問の序盤でのミスを防ぐことです。
「最初の段階でkに1を足すのを忘れてしまったため、その後は全滅」みたいなミスで、大量失点してしまうことがあります。こまめな検算と、クリティカルな別解法(その多くは、センター試験の形式を逆手に取った「反則技」)の活用が決め手です。

queststaff

医学部&東大専門塾クエスト は、少人数集団授業および1対1個別授業を行う予備校です。対象は高卒生・現役中高生です。