FC2ブログ

6月の受験生(3)

医学部予備校クエストから
06 /19 2019
ひきつづき、6月の受験生について。
学習予定を詰め込みすぎてギリギリのスケジュールを作ってしまうと、想定外の遅れ(風邪や家庭の事情など)が発生した場合に遅れを回復できずにズルズルと予定が崩れてしまうことがあります。また、予定をこなすことが目的になってしまって、時間を消費しているだけという状態が起きてしまいます。
  
注意すべきは、大人が主導して受験生のスケジュールを組むときです。大人たちは、仕事のスケジュールを組む感覚で、生徒の学習プログラムを組んでしまいがちです。
仕事の場合は、結果を出す(報告書を仕上げるとか、人と会うとか)ことが目的です。ルーチンワークも多くあります。場合によっては「その場に居るだけでいい」「決まった内容をしゃべっているだけでいい」状況もあるでしょう。
 
しかし勉強は、理解して定着することが目的です。仕事の感覚で勉強のスケジュールを組むと、消化不良がよく起きるのです。しかも、形の上ではスケジュールをこなしているので、達成感も出てしまいます。
これが、社会人受験生が失敗しやすい原因でもあります。1日9時間の仕事をやってきたから、その要領で1日9時間の勉強もできる、と思ってしまうんですね。


コメント

非公開コメント

queststaff

医学部&東大専門塾クエスト は、少人数集団授業および1対1個別授業を行う予備校です。対象は高卒生・現役中高生です。