FC2ブログ

6月の受験生(6)

勉強法
07 /01 2019
前回にひきつづき。
一例を挙げると、学習内容のうち優先度の高い内容と低い内容に分け、「高」については余裕をもってスケジュールを組み、残りの時間は「低」で埋めていくようにします。
そうすると、予備日はないので毎日緊張をもって過ごせますし、何かの理由で2~3日の遅れが生じても、「高」に絞って学習するように切り替えると、重要な内容を漏らすことなく勉強することができます。
 
実際は、何を「高」に位置付けるのかなど、難しい判断が必要になります。一律に「この内容が大切だ」と言えるものでなく、受験生一人一人の状況に合わせた設定も必要になります。
多くの受験指導ではこのあたりの部分が弱いことが多いです。受験生の状況に合わせた的確な判断がされず、「英語は受験生一般に大切だから君も毎日やるべし」「数学の点数が悪いみたいだから毎朝数学の問題を解こうか」みたいな指導がされることがあり、それが「スケジュールに余裕がないため、復習が追い付かない」問題を引き起こすこととなるのです。
quest20190606.jpg

コメント

非公開コメント

queststaff

医学部&東大専門塾クエスト は、少人数集団授業および1対1個別授業を行う予備校です。対象は高卒生・現役中高生です。