FC2ブログ

6月の受験生(4)

勉強法
06 /23 2019
ひきつづき、6月の受験生について。
予定がこなせなくなってパンクする受験生の様子を見ていると、「なんでもかんでもやり切ろうと」して、その時点での自分の能力を超えた分量をこなそうとすることがあります。
 
意欲的に受験勉強を進めていく姿勢はいいのですが、しかし予定というのは想像以上にこなすのが難しいものです。9時から英語の不定詞、10時から数学の加法定理、と決めたところで、不定詞の勉強が1時間で終わるかどうかなんて、やってみないとわからないものです。
そうすると何が起きるかといえば、1時間で終わらせようとして消化不良でこなしてしまって、やったつもりになっているけど定着しない、となってしまいます。あるいは「できるまで、わかるまで勉強だ」と意気込んで(それ自体はいいのですが)しまって、しかし「どこまで理解するべきなのか」はその時の自分ではわからないことも多く、結局ダラダラ参考書を読み続けてしまって、10時からの加法定理は中止になってしまった、なんてことも起こります。
quest20190604.jpg

6月の受験生(3)

医学部予備校クエストから
06 /19 2019
ひきつづき、6月の受験生について。
学習予定を詰め込みすぎてギリギリのスケジュールを作ってしまうと、想定外の遅れ(風邪や家庭の事情など)が発生した場合に遅れを回復できずにズルズルと予定が崩れてしまうことがあります。また、予定をこなすことが目的になってしまって、時間を消費しているだけという状態が起きてしまいます。
  
注意すべきは、大人が主導して受験生のスケジュールを組むときです。大人たちは、仕事のスケジュールを組む感覚で、生徒の学習プログラムを組んでしまいがちです。
仕事の場合は、結果を出す(報告書を仕上げるとか、人と会うとか)ことが目的です。ルーチンワークも多くあります。場合によっては「その場に居るだけでいい」「決まった内容をしゃべっているだけでいい」状況もあるでしょう。
 
しかし勉強は、理解して定着することが目的です。仕事の感覚で勉強のスケジュールを組むと、消化不良がよく起きるのです。しかも、形の上ではスケジュールをこなしているので、達成感も出てしまいます。
これが、社会人受験生が失敗しやすい原因でもあります。1日9時間の仕事をやってきたから、その要領で1日9時間の勉強もできる、と思ってしまうんですね。


6月の受験生(2)

医学部予備校クエストから
06 /13 2019
復習が追い付かないという受験生のケースを見てみると、スケジュールに余裕がないことがよくあります。
月曜日は英語の復習、火曜日は数学の予習と化学の宿題、というような感じで毎日埋まっていて、2~3日風邪などで休んでしまうと遅れを回復できない、という状況です。
 
これを防ぐためには予定に余裕を持たせればいいのですが、何も考えずに「予備日」をポンポン入れても、今度は普段の予定がそのぶんタイトになってしまい、また予備日があるからという心のスキみたいなものが生まれてしまい普段の勉強に緊張感がなくなってしまうことが起こります。

それでも「受験生の予定は余裕をもたせる」ことは、鉄則です。ギリギリのスケジュールだと、こなすことで精一杯になってしまって、肝心の理解・定着が弱くなってしまいます。
仕事やスポーツのスケジュールですと、「こなすだけで精一杯」でも結果が出ていれば問題ありません。でも受験勉強についていえば、こなすことが目的になってしまうと、時間を費やすだけで定着が薄くなり、しかも勉強時間はかけているので本人は満足してしまっている、という良くない結果を生み出してしまいます。


オンライン授業のご案内(クエスト)

クエスト広報
06 /11 2019
医学部&東大専門塾クエストでは、遠方の生徒のためにオンライン授業(アクティブPQ)を実施しています。
現役中学・高校生を対象に、カメラ付きスマホ(タブレット、PC)を使用しての1対1のライブ授業です。
 
ライブですので、生徒の理解状況に合わせて授業が進みます(録画授業ではありません)。質問対応や確認テストもその場で行います。
大都市圏に集中している医学部専門予備校の授業を、ご家庭でも受けることができます。

quest20190602.png

●オンライン授業では難しい「書く」を重視します
アクティブPQでは、専用デバイス(手書きタブレット)を利用して、「書く」ことを重視します。一般のオンライン授業では「書く」ことは手薄になりがちですが、受験学習では「書く」ことは欠かせません。

●対面授業と同じ緊張感を
自宅学習では、先生がいないために緊張感が薄れてしまいます。アクティブPQでは、リアルタイムで動画音声を送受信しますので、「先生に見られている」感覚をもって授業に臨むことができます。

詳細は、医学部&東大専門塾クエスト
03-5389-7727
info@net-quest.jp
にお問い合わせください。

6月の受験生

医学部予備校クエストから
06 /10 2019
0010.jpg

6月になりました。関東地方も梅雨入りです。
暑くなったり涼しくなったり、体調をくずしやすい時期です。その一方で、祝日もなく、大きな模試イベントもないため、規則正しい生活リズムを送りやすい時期でもあります。
 
しかし受験生としては、この「規則正しい」というのが注意点です。
というのも、予備校の授業は止まることなく毎週進んでいくので、まとまった復習がしたいと思っても立ち止まってくれません。ちょっと授業に乗り遅れると、その遅れがどんどん膨らんでしまうのです。
受験生の対応策について、これから色々書いていきます。
 
とりあえずは、体調管理に注意しましょう。
エアコンで風邪をひくのを防ぐためにも、羽織れるように1枚薄い長袖を持っているといいでしょう。

queststaff

医学部&東大専門塾クエスト は、少人数集団授業および1対1個別授業を行う予備校です。対象は高卒生・現役中高生です。